GEOSPACE API 開発手引書
はじめに

GEOSPACE APIを使用してインタラクティブな電子地図をウェブサイトやウェブアプリケーションとして表示することができます。
本ドキュメントではGEOSPACE APIの使い方を理解するためにサンプルWebアプリケーションを作りながら機能の解説を行います。

事前準備

チュートリアル実施にあたり、下記の環境を用意します。

GEOSPACE APIを利用するにはユーザー毎にユニークな認証キーが必要となりますので、
NTT空間情報 営業担当者へお問い合わせください。

本資料と掲載コードは、Google Chromeにて動作確認をしております。

また、掲載しているコードはGEOSPACE API Version 2.0に基づいて作成しています。

GEOSPACE APIとは

NTT空間情報では地図配信機能をより簡単にご利用いただくために、JavaScriptライブラリとサーバAPI(ルート検索機能他)を提供しています。
GEOSPACE 電子地図は通常の「道路地図」の他に、「航空写真」「衛星画像」「ハイブリッド(航空写真/衛星画像)」「多言語表示」を表示させることが可能です。

■GEOSPACE APIの主要機能

分類 機能名
地図表示 地図画像取得
オブジェクト描画
サイズ指定地図画像取得
マーカー表示
ポップアップ表示
2点間距離計測
検索 住所検索
住所階層検索
住所逆引き検索
スポット検索
スポット周辺検索
駅検索
駅階層検索
最寄り駅検索
郵便番号検索
ルート 基本検索
車種別規制考慮ルート
巡回ルート
ユーティリティ 緯度経度測地系変換
オプション(別料金) 多言語地図

注意事項

1.商標について
© 2015 Google Inc. All rights reserved. Google Maps™ 地図サービス 、Chrome™ ブラウザ は、 Google Inc. の商標です。
2.免責事項について
下記に記載する事項について、当社は一切の責任を負いかねますので、何卒ご承知おきください。
(1)本開発手引書およびソースコードは予告なしに変更・更新されることがありますが、これらの変更・更新により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いません。
(2)本開発手引書の記載に不正確な点があったことにより生じたいかなる損害に関しての責任を負いません。
(3)その他、GEOSPACE APIの利用により生じたいかなる損害についても、当社は責任を負いかねますのでご承知ください。
3.著作権について
本開発手引書に掲載されているすべての著作権は、NTT空間情報株式会社及びその製作者に帰属します。
著作権法で認められている範囲を超えて、当社に無断で転用、転載することは禁止します。

<<前へ HOME