HOME >> お知らせ >>クラウド配信サービス「GEOSPACE CDS」 等 航空写真・衛星画像・ハイブリッドの更新を実施

◇お知らせ

商品

資料ダウンロード(236KB)
2021年7月20日
NTTインフラネット株式会社

クラウド配信サービス「GEOSPACE CDS」 等
航空写真・衛星画像・ハイブリッドの更新を実施

~全国約14,877k㎡:4,959図郭の航空写真最新化など~

 

 デジタル地図の整備・制作、および空中写真を含む空間情報コンテンツの販売を行うNTTインフラネット株式会社(本社:東京都中央区東日本橋一丁目8番1号 ネクストサイト東日本橋ビル 代表取締役社長 黒田 𠮷広)は、自社が提供するクラウド配信サービス「GEOSPACE CDS」等の航空写真・衛星画像の更新(詳細は次ページ更新内容 をご参照ください)を2021年7月19日に行いました。

 

 信頼性の高い地図情報上で、お客様の保有する顧客情報や拠点情報、設備管理情報、 物件管理情報等の各種データを重ね合わせて、ビジネス戦略・データ分析に活用する等、高付加価値な戦略MAPとしてお客様のビジネスを高度にサポート致します。

 

 弊社では、分析ソリューションとして空間データとお客様のビジネス情報を組み合わせ、お客様のご要望に応じた様々なエリア分析のお手伝いをさせていただきます。
 是非、お客様のお困りごとにつきまして、お気軽にご相談ください。

 

①航空写真の更新
 今回の更新では、自社が日本国内で撮影した画像(撮影エリア約14,877k㎡:4,959図郭)
 「更新エリア:東日本の首都圏、大阪府、北海道等」を更新しました。
 当社の航空写真は、業界トップクラスの広いカバレッジ(日本国土全域の約89%)と、
 高解像度(地上解像度約25cm/pixel、大阪市・名古屋市は約16cm/pixel)を有する地理空間情報コンテンツです。



②ハイブリッドの更新
 ハイブリッドは航空写真と衛星画像を併用することで、空中写真として森林・農地を含めて日本国土全域(一部島嶼部を除く)をカバーするコンテンツです。
 今回の更新では、航空写真を上記の画像更新に合わせて更新し、2020年11月~2021年1月の撮影分の衛星画像(地上解像度約50cm/pixel)「更新エリア:北海道、長野、広島、岡山、福岡等」更新を行いました。

 

【更新内容】

 更新地図コンテンツ   更新データ※2
(最新のもの) 
データ
更新日
 更新対象サービス  
「GEOSPACE CDS」
「GEOSAPCE API」
「GEOSPACE
CDS プラス」
「ちばんMAP」
 航空写真 2021年1月までの東日本の 首都圏、大阪府、北海道等 撮影画像 2021年
7月19日
 
 衛星画像 2020年11月~2021年1月 までの東日本の首都圏、 大阪府、北海道等撮影画像    -  
 ハイブリッド
航空写真/衛星画像
航空写真、衛星画像 と同様      
 ※1 ご契約いただいた際の「利用目的」の範囲に限らせていただきます。
 ※2 エリアによっては、今回の更新データに含まれないエリアもございます。


【補足資料】
■主な航空写真更新エリア


■衛星画像の更新エリア



■ハイブリッド更新




■更新対象サービスの概要

 「GEOSPACE CDS」  https//www.ntt-geospace.jp/geospace/cds.html
 「GEOSPACE API」  https//www.ntt-geospace.jp/geospace/api.html
 「GEOSPACE CDS プラス」  https//www.ntt-geospace.jp/geospace/cds_plus.html
 「ちばん MAP」  https//www.ntt-geospace.jp/geospace/chiban-map.html


 今後ともNTTインフラネットをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。



本件に関するお問い合わせ先

NTTインフラネット株式会社 Smart Infra推進部 GIS営業担当営業グループ

田島・長瀬
Tel : 03-6802-7945