HOME >> お知らせ >> 観測画像の圧縮と同時に変化領域を高速に検出する技術を開発

◇お知らせ

プレスリリース

2016年2月15日
NTT空間情報株式会社


観測画像の圧縮と同時に変化領域を高速に検出する技術を開発

~モニタリング・サービスや地図更新作業への適用を目指した実証実験を開始~


 日本電信電話株式会社とNTT空間情報株式会社は、日々撮影される大量の衛星画像を用いた新たなサービスの創出に向けて,動画像の圧縮技術を活用し、異なる日時に撮影された同一地点における複数枚の衛星画像から,変化 領域(例えば大型建造物や大型船舶等)を高速に検出する技術を開発しました。

  来年度から地図更新作業への適用をはじめとし、新たなサービス創出に向け, 実証実験を開始します。

 

観測画像の圧縮と同時に変化領域を高速に検出する技術を開発(PDF:548KB)

 

本件に関する問合せ先

NTT空間情報株式会社 ビジネス開発部

サテライトグループ 松田・日置
Tel : 03-6802-8206