HOME >> 自治体サービスへの活用例

自治体サービスへの活用例

GEOSPACEの高い精度と鮮度が、地域住民の安全と快適を支えます。

住民の暮らしを支える自治体サービスにおいて、地形や住宅分布、公共交通網、施設といった地域情報の詳細な把握は不可欠です。GEOSPACE電子地図、航空・衛星画像なら、その高い精度と鮮度をベースに、防災、ライフラインの維持管理といった高品質な地域サービスに活かせます。

●多彩な業界・業種への様々な活用例をご覧ください。

地域防災マップへの活用例

地域の安全を支える防災マップ

災害シミュレーションや避難経路など、防災対策情報をビジュアルに提供。

GEOSPACE電子地図を背景画像として、被災前後の航空写真や衛星画像を比較することで被災面積や距離などを容易に算出することが可能に。災害シミュレーションや避難経路など防災対策情報の提供、さらには各種報告資料作成にも活用できます。

図:この活用例のイメージ図

●期待される効果

  • 防災対策
    → 災害集中地域の抽出により、効果的な防災対策を事前に実施可能。
  • 災害予測
    → 防災意識の強化や災害時の迅速な避難呼びかけが可能に。
  • 避難経路抽出
    → 安全な避難経路の指示や、消防・救急とのスムーズな連携。
  • 復旧管理
    → 被災後の復旧管理や報告書などの作成業務を効率化し、スピーディな対策が可能に。

災害対策業務への活用例

リアルタイム危機管理情報システム

被災情報をリアルタイムに把握。クリティカルな災害対策業務を支援!

震度分布や河川水位情報、主要道路の交通状況、被災地域映像、気象情報など、各種リスク情報を大縮尺地図上にまとめてリアルタイム表示。そこに設備データや避難所などの自治体保有データと重ね合わせることで、位置関係の見える化による災対業務の迅速化、効率化を実現します。

図:この活用例のイメージ図

●期待される効果

  • リアルタイムな状況把握
    → 地域ごとの被災情報や気象情報、ライブ映像などあらゆる情報を同時把握可能。
  • 迅速な避難勧告
    → 地域住民に対し、迅速な避難勧告や安全な経路への誘導をサポート。
  • 的確な災害対策
    → 消防・レスキュー・救急をスムーズに連携し、災害拡大を最小限に。

設備管理・調査への活用例

フィールド調査支援端末

管理対象物までの移動から情報入力作業まで、一連のプロセスを効率化。

スマートフォンに、GEOSPACE電子地図とGPSを組み合わせることで、ルート案内機能が加わった設備管理用端末として活用できます。電柱や水道設備の現地調査、点検といった様々なフィールド業務において、管理対象物までの移動や結果入力作業の効率化が可能となります。

図:この活用例のイメージ図

●期待される効果

  • スムーズな移動
    → ナビゲーション機能により迷うことなく目的地へ移動。
  • 効率的な管理
    → 電柱やマンホールなどの管理対象物を地図上にプロットし、クリック&簡単入力で情報管理。
  • タイムリーな把握
    → 入力情報がリアルタイムに管理システムに反映されるため、常に鮮度の高い情報把握が可能に。
  • コスト削減
    → 効率的な移動による燃料費低減はもちろん、紙ベースでの情報伝達が不要となり時短にもつながる。